気になるニュース

ショーケンこと萩原健一さんが旅立たれました

更新日:

平成最後の年31年、2019年3月26日午前10時30分、ショーケンこと萩原健一(はぎわらけんいち)さんが、GIST(消化管間質腫瘍)で旅立たれました。
1950年7月26日生まれの68歳。
あまりにも早すぎます。

■スポンサーリンク

ショーケンこと萩原健一さんは、元ザ・テンプターズ、PYGのボーカル

埼玉県出身で血液型はO型。
以前の奥さまはあのいしだあゆみさん。
そして現在の奥さまは冨田リカさん。
萩原健一さんと言えばだいぶやんちゃなイメージでしたね。
最近の若い人たちからすると萩原健一さんと言えば俳優さんのイメージかもしれませんが、実は元々はバンドのボーカリストです。
1967年、まだ17歳の時に「忘れ得ぬ君」でザ・テンプターズのボーカリストとしてデビューしています。
翌年も、エメラルドの伝説、神様お願い、お母さんなど立て続けにヒットソングを出すほどの人気でした。
また、その後はPYGというバンドを結成しています。
このPYGには、沢田研二さんや岸部一徳さんがメンバーでいました。
あのジュリーこと沢田研二さん、そして今ではすっかり個性派俳優として活躍している岸部一徳さんです。
ちなみに、岸部一徳さんは西遊記の沙悟浄役の人ではありませんよ(笑)
あれは弟さんの岸部シローさんです(^^;)
そういえば、ショーケンさんの歌をよくとんねるずの石橋貴明さんがモノマネしてましたよね。
「ラストダンスは私に」とか。
いや、あれはモノマネというより萩原健一さんに影響を受けてリスペクトしていたんだな、きっと。

ショーケンこと萩原健一さんといえば、太陽にほえろ!のマカロニ刑事、そして傷だらけの天使、前略おふくろ様

ボーカリストとしても特異な存在感を醸し出していましたが、俳優としてもやはり存在感溢れる演技を見せてくれていました。
若かりし頃の萩原健一さんと言えば、太陽にほえろのマカロニ刑事役や傷だらけの天使、前略おふくろ様などが代表的な作品になるのでしょうか?
1972年に太陽にほえろ!、1974年に傷だらけの天使、そして1975年に前略おふくろ様。
後にショーケンこと萩原健一さんは、先に演じた役どころのイメージを変えるために新しい役に挑戦したと言っていたような気がします。
言われてみれば、太陽にほえろ!での萩原健一、傷だらけの天使での萩原健一、前略おふくろ様での萩原健一、それぞれがまったく違う魅力を感じさせる演技でした。
でもやはり個人的には、牛乳、トマトにコンビーフのショーケンがインパクトあったかもしれないなぁ。

ショーケンこと萩原健一作品をYahoo!ショッピングで探してみる!>>>

ショーケンこと萩原健一作品を楽天市場で探してみる!>>>

ショーケンこと萩原健一作品をアマゾンで探してみる!>>>

萩原健一さんと言えばそのやんちゃっぷりで度々問題も

ショーケンは問題行動も多かったですよねぇ。
飲酒運転での人身事故、カメラマンと編集者への暴行、再びの交通事故や恐喝未遂などなど。
やんちゃと言いますか、ちょっとかなりアレな感じですが・・・。
それでもなんとなくすべてが許されてきたのは、やはりショーケン萩原健一の俳優魂というか演者魂みたいなものの魅力のせいなのでしょうか?
まあでも時代が時代だったというのもありますよね。
いいか悪いかは別として、さすがに今の時代だったら許されないかもしれません。

GIST(消化管間質腫瘍)というのはどんな病気なのでしょう?

実はショーケンは、2011年から闘病していたという話です。
本人の希望で公表はしていなかったようです。
GIST(消化管間質腫瘍)。
いったいどんな病気なのでしょう?
GIST(消化管間質腫瘍)とは、消化管の壁に発生する腫瘍のことのようです。
胃や小腸などに多く、よく言う消化器がんとの違いは粘膜から発生するか粘膜の下の筋肉の層から発生するかの違いとのこと。
GIST(消化管間質腫瘍)は、粘膜の下の筋肉の層から発生する悪性腫瘍だそうです。
萩原健一さんは、がんと闘っていたんですね。

切ないですね。
人には必ず最期が訪れるにしてもやはり切ないです。
あっちへ行ったもまたいかにもな萩原健一を演じてやんちゃするのかね。
もう少し力を抜いてゆっくりしてみたらいいのに。
でもあれか。
それじゃらしくないか。
そうだよね。
萩原健一様。
あっちでも自分を貫いて下さい。
さらば、ショーケン。

2019.3.29(金)

■スポンサーリンク

-気になるニュース
-, ,

Copyright© だってそれ、気になるもの , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.